頑固な便秘さえ何とかなれば…と苦労してらっしゃる方は、便秘に有効な便秘薬の服用もお考えになってください。刺激性下剤と機械性下剤があり、それぞれの特性を知った上でご使用して便秘改善につなげてみましょう。

便秘は腹痛を誘発させる大元なのでしょうか?

便秘と腹痛の関係とは?

便秘になると腹痛が起こることが多々あるようです。便秘で腸に便が留まる時間が長くなるとガスが溜まりがちになり、その影響が腹痛の原因だとされています。ガスでお腹が張ってくることで臓器を圧迫して、腹痛が更に酷くなる可能性があることでしょう。最近腹痛が気になる方は、ひょっとしたら便秘が関係しているかもしれません。便秘と腹痛を併発している場合の多くは、便秘が解消することで腹痛も解消されるとのこと。出るべき物が出なかったりお腹がキリキリする感覚はとてもストレスが大きいです。特殊なケースとして、便秘が治っても腹痛が続く場合があります。その場合は病気の疑いがあるため、心当たりがある方は病院で診て貰った方が良いです。

ストレスや緊張も便秘の引金になってしまい

便秘には過敏性腸症候群というのがあって、ストレスを感じたり緊張することで発症します。場合によっては腹痛などの症状が表れる場合もあるそうです。日頃からストレス続きの方は、便秘と腹痛の板挟みに遭っていませんか?もしかしたら過敏性腸症候群かもしれないと感じたならば、その症状の改善に向けた行動を起こし易くなるはずです。仕事をしている以上は、緊張する場面が多々あるのは致し方ありません。会議などがある度に緊張してしまい、過度の緊張による便秘を引き起こしてしまうことは珍しくないでしょう。現代はストレス社会だと言われているため、どうしても過敏性腸症候群にかかってしまう方が跡を絶たないような気がします。

腸のねじれも便秘を引き起こす原因

腸の何処かがねじれてしまうことで腸の内容物が滞留してしまい、腸閉塞を発症するケースもあります。その結果、便やガスが腸内に留まってしまうわけです。最悪便秘や腹痛が出てきて重症化する可能性が浮上するようです。腹痛になる原因は便秘だとお伝えしましたが、腸内で様々な変化が起こることで誘発してしまうのが理解できます。腸内環境を整えることが便秘解消のきっかけになることでしょう

関連 便秘で苦しむ方へのアドバイスになるならば