頑固な便秘さえ何とかなれば…と苦労してらっしゃる方は、便秘に有効な便秘薬の服用もお考えになってください。刺激性下剤と機械性下剤があり、それぞれの特性を知った上でご使用して便秘改善につなげてみましょう。

便秘にかかるとどのような症状が表れるの?

症状別で見た便秘の種類

便秘とはどのような症状なのか見ていきます。便秘には様々な種類があり、種類ごとに症状が異なるようです。例えば偏った食生活や生活習慣の乱れが原因で招く機能性便秘があります。病気が原因で起こるわけではなく、弛緩性便秘と痙攣性便秘、器質性便秘に分けられているとのこと。弛緩性便秘は、大腸の筋肉がたるむことにより便の排出力が低下した状態のことを指しています。痙攣性便秘とはストレスが絡んでくるものであり、自律神経の乱れで大腸の働きに支障を来たすことで蠕動運動が過度になって、大腸が痙攣してしまうようです。器質性便秘は生命の危機に晒される場合がある程に深刻で、血便や嘔吐などの症状が見られるのが特徴です。少しでも器質性便秘の疑いを感じた方は、医師の診断をお受けになる方が良いでしょう。

直腸性便秘の特徴と介護の問題

直腸に便が溜まる直腸性便秘があって、便が直腸にあるにもかかわらず便意を催さない状態です。高齢者などに多く、便意を我慢することも原因の一つだとされています。別名習慣性便秘と呼ばれることもあり、便秘の慢性化のイメージが強いです。寝たきりの方も直腸性便秘になるリスクがあるため、寝たきりの方を介護している方の中には、直腸性便秘と向き合うことを余儀なくされているのではないでしょうか。直腸性便秘は介護者にのしかかる問題の一つであっても不思議ではありません。

便秘は肌トラブルにもつながるようです

便秘が続くことで、肌荒れや吹き出物が出てきたりする場合があります。スキンケアだけではこうした肌トラブルの解消につながらない方は、もしかしたら便秘ではありませんか?便秘によって引き起こされる症状とは、肌トラブルも含まれています。普段のスキンケアと合わせて便秘を改善することで、肌荒れなどの症状が軽くなるかもしれません。腸を健康に導くことで、綺麗なお肌を手に入れてかつ便秘とは縁を切れることも現実的となります。

関連するページ:便秘でお悩みの方の一助となるであろうお茶